年末休業のごあいさつ

皆様

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げます。
年末年始の休業日についてご案内いたします。

休業期間:12月27日〜1月4日

仕事始めは1月5日(月)より通常営業とさせて頂きます。
「今日の一杯」も年明け早々に更新いたします。
来年も変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

#2 グレンリベット18年

 

皆様どうも、漆澤でございます。
 お酒の小話コーナー第二回の今回も、僭越ながら私の好みの銘柄を。

 今回ご紹介するのは「グレンリベット18年」。もう数年来愛飲しておりますシングルモルトの逸品です。シングルモルトというと、どうしても癖が強くて飲みにくいものを想像してしまいますが、こちらはまろやかで口当たりもスムーズ。どちらかというと刺激の強いお酒が苦手な私ですが、このグレンリベットの18年はすいすいと飲めます。

 18年を強調するのは、このグレンリベット、スタンダードは12年物が出回っているのです。もちろんこちらも悪くはないのですが、やはり熟成が若いせいかまだ棘があり洗練性に欠けるかな、と。そして18年よりもっと長期に熟成させたものもありますが、こちらはどうも枯れたというか、瑞々しさに欠けるというか。
 つまりは私には18年がちょうど「お年頃」なわけです。

 若い頃はそれこそ、安くて酔えればアルコールなら何でもありがたかったのですが、私もいい歳になってまいりました。普段飲むお酒にも、ちょっとの贅沢は許されるのかな、と思う今日この頃。そんな気分でゆっくり味わえるのが私にとってはこの「グレンリベット18年」なのです。
 皆様もどこかのBarに足を運ぶことがありましたら、ぜひお試しください。

#1 くろうま

皆様初めまして、漆澤でございます。
 ビジネスツールとしてのみならず、プライベートでも酒好きな私と致しましては、毎回何がしかのお酒の小話を交えてこのHPにちょっとした遊び心を加えようかと思いました。拙文ではありますが、どうぞ末永くお付き合い下さい。

 先ず始めには、私の普段愛飲しているお酒のご紹介から。
 近年の焼酎ブームで巷では様々な焼酎が出回っておりますが、ご多分に漏れず私も最近ではすっかり焼酎党になりました。栗焼酎や黒糖焼酎、泡盛などを経て最近では麦焼酎に落ち着きました。中でも宮崎の「くろうま」がマイブームです。
 平日は毎日のように飲むものですから、やはり口当たりが良くてさっぱりとした物の方がおいしく感じます。特にここしばらくは「くろうま」を麦茶で割って飲んでいる私です。

 知人から、物は試しにいかがですかと進められてはじめたこの飲み方、麦茶の爽やかさがアルコールの刺激を和らげて、水割りにはない美味しさです。最近では社員にも広まりつつある麦茶割り。麦で作った焼酎が麦のお茶と相性が良いのは、考えてみれば当たり前のこと。寒さが厳しくなるこれからの季節には、お湯割の代わりに温かい麦茶で割ってみるのも面白いかな、と。
 皆様もちょっとした折に、是非麦茶割をお試し下さい。