ベースボールキャップ完成

野球のキャップが完成しました。

去年のITSの野球大会では一回戦を突破しながら
二回戦は人数が集まらず不戦敗という結果に
終わりました。ユニフォームなど少しずつ
整備をして、今年はITSの大会以外にも活動できれば
良いと考えております。

#6 越乃景虎 梅酒

皆様どうも、漆澤でございます。
お酒の小話コーナー第6回の今回は、お酒がちょっと苦手な方でもお試し頂きたい本格派の梅酒を紹介します。

今回ご紹介するのは以前ご紹介させて頂いた新潟県糸魚川市の「月不見の池・標準酒」と同じく新潟県の銘酒「越乃景虎・籠」を使い清酒ベースで仕込んだ梅酒。その名の通り「越乃景虎・梅酒」です。
 
清酒本来の旨みを残しつつ糖分控えめで程よい梅の酸味が調和してさらに香りを引き立たせスッキリとした味わいが特徴の梅酒です。
以前は、春秋の限定出荷のため入手困難な銘柄の一つでもありました。
知り合いの酒屋さんでやっとの思いで手に入れて気が向いては“チビリ”“チビリ”。今では容易にインターネットで購入できる様になってからというもの、このお酒を思い出す度に注文しています。

私は食前に飲むと何だか胃の働きが良くなるようでいつもより食が進みます。食中でも食べ物の味をリセットしてくれて美味しく頂くことができる梅酒です。冷やしてストレートがお薦めですがロック、ソーダ割りが特に美味しく頂けると思います。
各家庭で漬けた梅酒もおつな物ですが、洗練されたクオリティーの高いこの贅沢な「越乃景虎・梅酒」を今宵、寒い夜に寝酒の一杯にぜひお試しください。

#5 れんと

 皆様いかがお過ごしでしょうか、漆澤でございます。
 やっと寒さも本格的になり、冬らしい感じがしてまいりました。この季節にはやはり暖かいものが飲みたくなります。仕事帰りの一杯に、今回は焼酎の話をしてみようかと思います。

 焼酎ブームが長らく続いておりまして、芋・麦・米、変わり物では栗や玉葱を使ったものもあるようですが、私はサトウキビをつかった黒糖焼酎が最近では気に入っております。ほのかな甘さと程よいアルコールのキレが、飲み飽きず飲み過ぎずといった絶妙な味わいでありまして、これからの時期にはお湯割りでも美味しくいただけると思っております。

 ここしばらくは「れんと」という焼酎を愛飲しています。初回にご紹介した麦焼酎の「くろうま」もいいのですが、仕事にちょっと疲れた日の晩酌には黒糖焼酎ならではの甘さが、五臓六腑に染み渡る気がいたします。
 この「れんと」。「れんと」とは「ゆっくりと」という音楽用語らしく、焼酎を熟成させるときに何がしかの音楽で一定のリズムを与え続けることによって、独特のスムーズでまろやかな味わいが生まれるのだとか。原理はわかりませんが、ともかくも美味しいお酒に仕上がっております。洋酒でいえばラムに近いのか。

 寒さのますます厳しいこの時期、今宵は皆様もお湯割で一杯いかがでしょうか。