#27 「くろうま」再々登場

 皆様どうも、漆澤でございます。連休も明け、またあわただしい日常が戻ってまいりました。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?コンピュータ業界をはじめ世の中の景気もまだまだといったところですね。

 四月の末には肌寒さも感じたものでしたが、打って変わってもはや夏の暑さです。スーツのつらい季節になってまいりました。そして仕事の後のビールがおいしい季節の到来です。

 とは申しましたものの、私はビールはせいぜいが一杯程度。暑さに参ったときには確かに炭酸ものが欲しくはなるのですが、体質もあるのでしょうか、ビールばかりだとおなかが膨れてしまって食べ物が入らなくなります。

 そこでやはり焼酎というわけですが、相変わらずの麦焼酎の麦茶割り。こちらも何か夏らしいアレンジはないものかと提案したところ、さっぱりとレモンを絞って水割りにして出してくれました。


 麦焼酎にも色々あるのですが、私好みの「くろうま」はどちらかというと癖のないタイプ。だからこそお茶で割ったりのアレンジも出来るのですが、この柑橘系の爽やかさにも、しっかりとマッチしておりました。私よりも、うちの若い社員に人気があるようです。

 真夏になると、以前ご紹介したジンリッキーも恋しくなります。柑橘の酸味を体が欲するのでしょう。暑さの厳しいこれからの季節は、ビタミン補給を口実に、仕事上がりの一杯を楽しむことにいたしましょう。

くろうま水割り