WBC2017

Franc camilo morejon

みなさまどうも漆澤です。

つい2か月前の事ですが、もう大分前のように感じます。
4年前にこのブログで書きましたが今回もWBCのために来日した
キューバ代表のキャッチャーFrank Camillo Molejon君に再会しました。

今回彼はレギュラーのキャッチャーとして1次ラウンドの日本戦から
スタメンで出場。2次ラウンドの侍JAPANとの試合は昨年手術した
腰が悪化したらしく、ベンチで観戦となりました。

今回のキューバチームですが、若い才能のある選手達が来日し
大会を盛り上げてくれました。しかし、アメリカへ渡った有望選手たちの
穴を埋めきることができず2次ラウンドで敗退となりました。

この日、キューバチームは最終戦のオランダ戦に負け東京ラウンドでの
敗退が決定し、アメリカ行きのチケットを得られずチーム全体に
悲壮感が漂っていました。

そんな折でしたが、彼を誘い新宿に繰り出しました。
前回と同じブラジル肉料理屋で肉を食べ、某スナックで焼酎をあおり
日本滞在最後の夜を満喫してくれたと思います。もう試合もないのと、緊張感から解放されたことで、今までになくお酒も進んでいるようでした。

次の日の早朝フランス経由のハバナ行きで帰国した
キューバ代表でした。次のWBCには選ばれるのか微妙な年齢ですが
また選手ではなく指導者として活躍し、来日する日が来るのではないかと
思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です