#34 秋の夜長のシングルモルト

皆様どうも、漆澤でございます。暑かった夏も足早に過ぎ去り、一雨ごとに季節はゆっくりと秋に向かって参りました。先日の中秋の名月の夜には、まだどこか暖かさをもった夜風に吹かれつつ月見をしたものですが、昨夜あたりからはどことなく肌寒く、もう夜には上着が必要ですね。

 仕事の帰りにいつもの一杯。今年の夏も随分とモヒートを頂きましたが、そろそろクールなカクテルではバーのカウンターには似つかわしくないかもしれません。

「そろそろリベットにしようかなあ。」とつぶやく私に、バーテンダー氏も「秋ですからね」と。

このブログにも2度目の登場になりますが、数年前から、秋から冬場にかけてはグレンリベットの18年を愛飲しております。宵の口には炭酸で割ってやわらかく。夜更けや〆の一杯には、少し濃い目の水割りにしてちびちびと頂きます。

若いころにはそれこそ、酔うために安い酒を飲んだりもしたものですが、そろそろ五十の声を聞く私ですからここはひとつ大人しく秋の夜長を楽しもうかと思います。若々しい12年物ではちょっと疲れます。しかし20年を超えるような長期熟成ものではちょっと物足りない、そんな今の私の喉にこのグレンリベット18年は緩やかに滑り込んできます。

 「こんなものでも、おつまみになさいますか?」

と、バーテンダー氏が梨をむいてくれました。ひんやりとした梨の果汁で喉を流しつつ、ゆったりと一杯。今年はいろいろと大変なことがありました。せめてこれから年末に向けて、楽しい話題で一年を乗り切ることができたら、と思います。

 
 皆様も、よい秋の夜長をお過ごしくださいませ。

#2 グレンリベット18年

 

皆様どうも、漆澤でございます。
 お酒の小話コーナー第二回の今回も、僭越ながら私の好みの銘柄を。

 今回ご紹介するのは「グレンリベット18年」。もう数年来愛飲しておりますシングルモルトの逸品です。シングルモルトというと、どうしても癖が強くて飲みにくいものを想像してしまいますが、こちらはまろやかで口当たりもスムーズ。どちらかというと刺激の強いお酒が苦手な私ですが、このグレンリベットの18年はすいすいと飲めます。

 18年を強調するのは、このグレンリベット、スタンダードは12年物が出回っているのです。もちろんこちらも悪くはないのですが、やはり熟成が若いせいかまだ棘があり洗練性に欠けるかな、と。そして18年よりもっと長期に熟成させたものもありますが、こちらはどうも枯れたというか、瑞々しさに欠けるというか。
 つまりは私には18年がちょうど「お年頃」なわけです。

 若い頃はそれこそ、安くて酔えればアルコールなら何でもありがたかったのですが、私もいい歳になってまいりました。普段飲むお酒にも、ちょっとの贅沢は許されるのかな、と思う今日この頃。そんな気分でゆっくり味わえるのが私にとってはこの「グレンリベット18年」なのです。
 皆様もどこかのBarに足を運ぶことがありましたら、ぜひお試しください。