#38 ウォッカ・レモンソーダ

皆さまどうも漆澤です

健康診断でγ-GTP値に引っかかるなどのアクシデントもあり
すっかり更新をご無沙汰してしまいましたが
懲りずにお酒の話題でも書いてみようかと。

富ケ谷交差点近く山手通り沿いにある弊社オフィスでは
なにやらミントの栽培や、引っ越し時にお客様にいただいた観葉植物
を枯らせる事無く育てております。
その中でレモンの木が一本あります。幹も枝も細いものなのですが
毎年春になると、近くの代々木公園から(と思われる)アゲハチョウが
新芽に産卵しに来て、幼虫が数匹葉っぱを食んでいます。
事務の女性スタッフは怖がって近づきもしませんが。
そんなレモンの枝に一つだけ実がなり、成長すること数ヶ月
この2月に収穫しました。

無農薬渋谷産のレモンの用途はもちろんお酒にしようということで、
いつもの高田馬場のバーテンダー氏とあれこれ考えたところ、
レモンのそのままの味を楽しむためにウォッカ・レモンソーダにしようということになりました。
シロップはほとんど使用せず、合わせるウォッカはオランダのKatel One
雑味がなくすっきりとした、レモンの味を楽しめる一杯となりました。
レモンとウォッカ。カクテルの王道かもしれませんが、やはりいい組み合わせです。

皆様も一杯試してみたらいかがでしょうか?

ウォッカ・レモン

#36 Piña Colada ピニャ・コラーダ

 pina colada

皆様どうも、漆澤でございます。お酒に関する話題は久しぶりです。
梅雨もあけて夏本番、梅雨の間は待ち望んだ夏の太陽も、こうして照りつけられるとやはり暑さがこたえます。

仕事明けの一杯が、待ち遠しい季節の到来でもあります。若者はやはりビールでしょうか。デパートやビルの屋上に設置された夏のビアガーデン。暑さの中でジョッキを煽る心地よさも知ってはいるのですが、やはり50の声を聞くようになってからは足が遠のくようになってまいりました。

そんなときにはやはり、行きつけのバーで夕涼みの一杯に限ります。
スッと汗の引くエアコンの聞いた店内に入って、さあ先ずはジントニックかモヒートか。。。「最近すっかりモヒートも定番になってしまいましたので、たまにはラムベースで他のカクテルでもお作りいたしましょうか?」と、こちらも馴染みのバーテンダー。フレッシュのパイナップルをざっくりと切って絞ります。これにラムとココナッツミルクを混ぜ合わせ、ふんわりとホイップするようにシェーカーで仕上げます。パイナップルとココナツの香りが南国を思わせるこのカクテルは「ピニャ・コラーダ」。家庭で作るならジューサーで回してしまっても簡単に造れそうです。

続きを読む #36 Piña Colada ピニャ・コラーダ

#33 ビターズ・トニック

皆様どうも、漆澤でございます。
 お盆も明けて毎日暑い日が続いております。それに加え東京では当たり前になりつつある局所的なゲリラ豪雨、その雨が上がって晴れたかと思えばまた曇り空。酷暑やらゲリラ豪雨は外回りの多い我々には辛い話であります、、、

 その天候も、仕事明けの一杯に関して言えば物足りないもので、やはり暑さの中を歩き回った後のエアコンの効いたバーでの一杯は格別なものであります。とは言うものの、個人的な話で恐縮ではりますが、私はといえばここ最近では節酒の真っ只中であります。

 年齢のせいもあるのでしょうが、やはり何かと不摂生な日常が原因なのでしょうね、健康診断の度に医師の言葉がチクチクと胸に刺さります。
 「社長、たまにはこんなカクテルなんかいかがでしょうか?」
ウーロン茶やノンアルコールビールをしぶしぶ飲む私に見かねたのか、バーテンダー君があるとき私に勧めてくれたのがこのカクテルです。

 ジントニックのジンの代わりに、アンゴスチェラビターという苦味の強い薬草酒を数滴たらしたもので、トニックやソーダだけではイマイチ味に締りがないと思っておりましたが、このビターを入れると、トニックウォーターがキリリ固くなり、なんだか急にお酒を飲んでいるような気にもなってまいりました。

 「じゃあモヒートのラムの代わりにもできるのかな?」
 と尋ねると 
 「うーん、出来るには出来ますが。。。」
 となんだか苦い顔。確かにたかがノンアルコールカクテルに、モヒートは手間がかかりすぎたか。。

 これからの人生を思えば、今の時期の多少の節酒は必要なのかもしれません。ともあれ健康的にこの夏を乗り切るためにも、今宵の一杯はこの「ビターズ・トニック」でまいりましょう。

 皆様もよい夏をお過ごしくださいませ。

#21 ナシとブランデーのカクテル

 皆様どうも、漆澤でございます。先日の台風一過からますます秋らしくなってまいりました。風が涼やかで、夜にはもう肌寒さを感じるほどです。今年はやはり新型インフルエンザが流行るのでしょうか、マスクをしたかたも多く見かけます、こんなところにも秋の深まりを感じます。

 仕事上がりの一杯の方もいよいよ秋めいてまいりました。私の常席にしているバーでも、秋のフレッシュフルーツを使ったカクテルが始まりました。夏にはスイカやメロンで楽しみましたが、秋になると今度はブドウや柿、洋ナシなどが主役のようです。

 季節に合わせてお酒の雰囲気のほうも落ち着いてくるのか、ベースのお酒はブランデーが多いようです。いつもながら麦焼酎の「くろうま」を麦茶で割って飲みながらあれやこれやと話をしていたのですが、たまにはカクテルを、というわけで一杯いただいてみました。チョイスは自ら持ち込みの梨を使った「ナシとブランデーのカクテル」

 この梨は福島の相馬に住んでいる親戚から送ってきたもので、大きさは赤ん坊の頭ほどもあり、その大きさに似合わず甘みもしっかりしています。
      

続きを読む #21 ナシとブランデーのカクテル

#16 オレンジブロッサム

皆様どうも、漆澤でございます。
蒸し暑い日が続きますが、この梅雨ももうあと少し、すぐに暑い夏がやってきます。この夏の到来とともに不景気もどこかへ去ってしまえばいいのにと考えている今日この頃です。本来であれば、このブログの更新も今週の月曜日に済ませなければならないところでしたが、仕事や家のことが何かと立てこんでいて、更新すらままならない状況でした。こんなご時世に仕事があるだけでありがたい話です。皆様のおかげだと思っております。また、もしこのブログを楽しみにしていただいている方が一人でもいたとしたら遅れまして申し訳ありません。
  
 さて、話を本題に戻しましょう。
 暑い夏には仕事上がりの一杯に、何かさっぱりとしたカクテルが飲みたくなります。フレッシュジュースのカクテルの話もありましたが、絞りたてのオレンジジュースでジンを割ると、夏の夕暮れにピッタリのフレッシュカクテルの出来上がりです。

 ジンの銘柄も色々ありますが、スッキリしたフレッシュオレンジを味わうにはジンもキリッとした銘柄を選びたいものです。夏になると私は毎年タンカレーを好んで飲むようになります。緑色の丸いボトルは、見ているだけでも涼やかで、味わいも辛口。オレンジの酸味と甘みをうまく引き立ててくれます。

オレンジブロッサム
 

続きを読む #16 オレンジブロッサム

#13 フレッシュカクテル

パイナップルフィズ
パイナップルフィズ

どうも皆様、漆澤でございます。
日中は汗ばむほどの陽気で、梅雨を前にしてすでに初夏の感もいたします。ビールのおいしい季節がやってまいりました。

 近頃段々と暑くなり、夏日になることもしばしばの今日この頃でございます。豚由来のインフルエンザも心配ですが、騒ぎ過ぎな感も否めません。さて、今週の仕事後の『今日の一杯』も、ちょっと夏めいて涼やかな飲み物がほしくなります。果物屋をのぞくとイチゴやサクランボ、若干気の早い小玉スイカなどが並んでいてついつい手が出てしまい、なじみのバーに持ち込んで新鮮なフレッシュジュースでカクテルを楽しむのも、この陽気のなせる業でしょうか。

続きを読む #13 フレッシュカクテル